小学校受験はナチュラルメイクがおすすめ

小学校受験は保護者の方も一緒になって受けることが多いです。ママさんの場合、服装はもちろんのことメイクにも気を使わないといけないでしょう。ママさんが小学校受験の面接に臨む場合、ナチュラルメイクをベースにして考えていきましょう。大事な場所だからということで、頑張りすぎてしまう方も多いようです。しかし頑張りすぎてしまうと厚化粧になってしまって、表情のない違和感のある仕上がりになってしまうことも往々にしてあります。ですから普段通りを意識することが大事です。専門家の間では、普段のメイクに5分プラスして時間をかけるイメージで行うとちょうどいい感じの仕上がりにまとまるといいます。厚塗りをしすぎずに、透明感のあるナチュラルメイクを意識してみましょう。面接試験の前に、何度かメイクの練習をしておいたほうがいいかもしれません。

コンシーラーを活用するのがおすすめ

シミなどが気になるとファンデーションを多めに塗って隠したいという衝動に駆られる人も多いでしょう。小学校のお受験となると、母親は30代といった人もたくさんいるはずです。この年代に差し掛かると、どうしてもシミなどが気になる人も多くなります。シミについてファンデーションを使って隠そうとすると、どうしても厚化粧になってしまって、見る人に違和感を与えかねません。そこでファンデーションはいつも通りの厚さにして、その代わりにコンシーラーを活用しましょう。シミの気になる箇所にピンポイントでコンシーラーを使ってフォローし、ファンデーションは厚めにならないように心がけることが大事です。

チークを入れることで印象がアップするかも

見た目の印象をアップさせるメイクテクニックとして、チークをさしてみるのもいいでしょう。ニコッと鏡を見て笑いながらその頬のラインに沿ってチークを入れてみると、好印象の顔立ちになるはずです。チークのカラーをどうすればいいかですが、ピンクからオレンジの間であれば、何でもいいでしょう。いくつか試してみて、自分の顔にしっくりくるものを選べばいいでしょう。ちなみに万人にしっくりくるチークの色ですが、コーラルピンクと呼ばれるカラーです。ちょうどピンクとオレンジの中間に位置しているカラーなので、どのような顔立ちの人が使ったとしても違和感はないでしょう。このようにちょっとしたメイクの工夫をすることで、見た目の印象はだいぶ変わってきます。