小学校受験で父親はどのような格好をすべき?

小学校受験をする場合、両親が面接試験に臨むことも往々にしてあります。ここで問題になるのは、父親が面接試験当日どのような服装をすればいいかという問題でしょう。この時父親が考えがちなのは、「普段仕事で使っているスーツを着用すればいい」という考え方です。もちろん面接試験ではスーツ着用が好ましいですが、少しコツをマスターすることでだいぶ印象も違ってきます。子供の重要な試験の場です。少しでもカッコいい父親でありたいとは思いませんか?そのためには適当に普段来ているスーツの中から手ごろなものを選ぶのではなく、スーツの選択からそのほかのコーデも少し工夫してみるといいでしょう。

王道は紺色のスーツ

小学校受験の際の父親の面接試験における服装は、シングルタイプのダークスーツがポピュラーです。ボタンダウンは受験の面接試験の場ではカジュアルすぎるのでふさわしくありません。ワイシャツはオーソドックスなホワイトのものを選ぶといいでしょう。スーツの色の定番は、やはり濃紺のものです。おそらく母親も濃紺のスーツで面接試験に臨むでしょう。似たような色のスーツを着用することでバランスも良くなります。実際面接試験の会場を見てみると、夫婦ともに濃紺のスーツというカップルはたくさん見られるはずです。紺色は好感を持たれる傾向のある色で、清潔感や信頼感を見る者に与えてくれる色といえます。略礼装としてしばしば用いられる濃いめのチャコールグレーのスーツも面接試験の場で着用してもそれほど違和感はないでしょう。ヨーロッパでは王族が好んで着用するスーツの色なので、伝統と気品をアピールできます。落ち着きのある懐の深い父親という感じに仕上がるでしょう。

意外と迷うネクタイの色は?

スーツを着用する場合、ネクタイの色をどうすればいいかで意外と迷う父親は多いようです。日本で最も親しまれているのが、レジメンタルのデザインのネクタイです。右に上がるのがイギリス式・左に上がるのがアメリカ式といわれています。右肩上がりという言葉が日本ではありますので、縁起がいいということもあってイギリス式のほうが好まれる傾向があります。紺色系のレジメンタルであれば、どのようなスーツでも調和は取りやすいです。一本この手のネクタイを所有しておくと、コーディネートで困ることもなくなるでしょう。子供を志望する小学校に入れたい、という情熱をアピールしたければ赤系のレジメンタルのネクタイを準備するのもいいでしょう。情熱はあるけれども、一方で堅実さも兼ね備えています。