小学校受験で持っていくべきバックとは

小学校受験に臨むママさんは、自分の当日着ていく格好にも注意を払いましょう。通常はスーツを身に着けるでしょうが、そのほかにバックを持っていきたいと思う人も多いでしょう。バックはスーツに合わせてコーディネートするのがおすすめです。通常小学校受験の面接試験を受けるにあたって、紺のスーツを着用するのが一般的です。そこで近のバック、似たような系統の黒のバックなどを持って行っても違和感はないでしょう。スーツを面接試験のために新規に購入するのであれば、その時についでにバックも購入するといいかもしれません。そうすればスーツとバランスのとれた、統一感のある格好に仕上がるでしょう。バックは上品で丈夫なつくりのものをチョイスするのがおすすめです。かといって、バックルなどでこれでもかという感じで購入ブランドの名称が入っているようなバックはちょっと気品に欠けるきらいがあります。このようなバックは持っていかないように注意しましょう。

大きさには注意が必要

バックを購入するにあたって、大きさをどの程度にするかも重要なポイントとなるでしょう。大きすぎず小さすぎずのサイズを見つけることが大事です。目安としては、A4サイズの資料を折ることなく入れられる程度のサイズの大きさのものを準備しましょう。だいたい受験の際に提出する願書などはA4サイズのものが一般的です。A4サイズの文書をスムーズに出し入れできるかどうかでチェックすると、だいぶバックの候補の絞り込みも進むでしょう。またバックの中に仕切りがないと外出した際に仲のものがごちゃごちゃに混ざってしまって、必要なものを取り出すのに手間取ってしまうこともままあります。このようなことにならないためにも、仕切りやちょっとしたポケットの付いているバックのほうが整理していろいろなものを収納できます。

荷物が多ければサブバックの準備を

場合によっては、サブバックを準備しないといけないケースも出てくるでしょう。サブバックは面接試験の際に、椅子に着席したときに傍らに置くのが一般的です。この時バッグがしばらくすると倒れてしまうようなものだとカッコ悪いです。そこで作りのしっかりした、一度地面に置いたらその態勢でキープしていられるようなバックを用意しましょう。縦長のサブバックが主流でしたら、最近では横型タイプのものも出てきていて人気です。の小長の場合、荷物をスムーズに取り出しやすいです。また持つときもすっきりしているので、使い勝手もいいです。