小学校受験における服装は重要なポイント

小学校受験の際には面接試験が実施されます。面接のスタイルは学校によって若干の違いがありますが、一般的には親子面接や保護者面接のように親御さんの臨むケースが多いです。面接試験の際には、どのような受け答えをすることももちろん大事ですがどのような服装で当日面接会場に向かうかも重視する必要があるでしょう。男性の場合にはすでにビジネス用のスーツがあって、こちらを着用すればいいかもしれません。しかし女性でたとえば専業主婦をしている方は、面接に適したフォーマルなスタイルのファッションを持っていないかもしれません。その場合には小学校受験の前にスーツを準備しておきましょう。お母さんのスーツの選び方ですが、自己主張の少ないおとなしめのもの、それでいて気品のある感じがさりげなく伝わってくるようなものが望ましいといわれています。

濃紺のスーツを着用すべし

受験のためのスーツ選びですが、シンプルなものがやはりいいでしょう。婦人服販売店の中には、「お受験スーツ」と呼ばれるジャンルを用意して販売しているところも結構あります。このお受験スーツで臨むのが一般的です。基本的には濃紺のスーツを選べば無難でしょう。気品があって清潔で清楚な感じがあります。それでいてさりげなく高級感や重厚感を出すことができ、知的なイメージを出すこともできます。ファッションに興味のある女性の中には「少し地味すぎるのではないか」と思う人もいるかもしれません。しかし受験の席で母親は決して目立つ存在である必要はないのです。濃紺のスーツを1着購入しておきましょう。できれば、ボタンなどのアクセサリーもスーツの色と一緒になっているもののほうが統一感も出て好ましいです。

スカートの丈は短すぎないものがおすすめ

スーツを着用する場合、女性はボトムスをパンツにするかスカートにするかの選択肢が出てきます。どちらがいいかですが、一般的な傾向としてはパンツよりはスカートのほうが好ましいと考えられています。ただしもしスカートを選択するのであれば、その丈の長さには注意を払うべきです。面接試験は通常着席して、面接官と向き合って進められます。この時スカートの丈が短いと膝がしらがすべて出てしまって、場合によっては太ももまでもあらわになってしまうことも考えられます。これは受験する子供の母親として、決して好ましいスカートとは言えません。スカート丈は長めのもの、座った時に膝の隠れるものを選ぶようにしましょう。スーツを購入するときに試着するでしょうが、この時店の人にお願いして実際に椅子に座らせてもらって、ひざが出ていないかどうか確かめましょう。

年中児・年長児・1才児・1才児など、年齢に合わせて最適な教育が用意されています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 小学校受験の指導は伸芽会におまかせを